脱毛エステの自己処理|自宅でできる脱毛いろいろ

カミソリやシェーバーを使ってまめにムダ毛を剃るお手入れは、
お肌を痛めるので反対する意見も多いのですが、
その手軽さから利用者は減りません。


脱毛エステの自己処理としても人気で、理由は
手軽さもありますが、コストパフォーマンスの良さが際立っています。


ただやはりお肌のことを考えるなら、カミソリよりもシェーバーの方が良いです。
カミソリで脱毛するということは、剃る度にお肌の表面を
削ぎ落としていることになります。


無理やり角質を削ぎ落とされた皮膚は、そのダメージで赤くなります。
これが何回も続くと段々お肌が黒ずんで来てしまいます。


そして毛先が皮膚の中に入り込んで、なかなか剃れない状態になってしまいます。
シェーバーですが、お肌に良い、とまでは言いかねますが、直接刄が皮膚に
当たらない分だけダメージが少なくてすみます。


そしてお値段も手頃なので購入しやすく、使い始め安いのが特徴です。


カミソリ方のシェーバーは、お肌への負担を抑えて敏感肌でも使えるように
セーフティーワイヤがついているのが人気です。


またカミソリと電動トリマーが付いている優れものもあります。
カミソリで脱毛する場合は、石けん剃りができるものだと
カミソリ負けしにくいです。


そして、女性向けアフターシェーブローションも結構数多くでています。
肌荒れ、カミソリ負け防止のためにお肌引き締め効果のあるローションを
選ぶと良いですね。


安いカミソリでは1000円くらいからあり、3本入りなど複数本入って
いるのが普通です。


脱毛エステの自己処理に電動シェーバーを使うとなると、若干値段は
あがりますが、それでも2000円台~4000台くらいで見つけることができ、
全身もしくは背中専用など種類もかなり豊富です。


その他のお話は脱毛エステ口コミ番付にて

自分にあった脱毛法を見つけるために!

長年付き合っていかなければならないムダ毛との戦い。

できるだけ自分にあった方法を見つけてストレスにならないものを選びたいですね。
基本的に永久脱毛というのは自宅でできる脱毛の場合はありません。

エステサロンでも永久脱毛という言い方を使わないところが増えてきています。
これは毛周期が人によって違うのと、10年後20年後に生えてくるかどうかが分からないからです。

毛周期にもよりますし、いくらフラッシュ式やレーザー式で処理しようとしても休止期の毛は外に出ていないので処理できません。

脚や腕の場合と、背中や顔の産毛などの場合でも適した脱毛方法は異なります。
また、お仕事などであまり時間が取れない人は、自分の生活習慣にあった脱毛方でないと続きません。

部分脱毛したいのか、全身脱毛したいのか。
肌は敏感肌かどうか?
費用はどれくらいかけられるのか?

など、すべて個人の基準と判断になります。

長年付き合っていくものですから、脱毛箇所や自分の肌質にあったものを見つける必要があります。

幸いにも高機能・高性能の機械が比較的購入可能な値段で販売されるようにあっています。

フラッシュ式の機械は有名なところでケノン、レーザー式はトリマ、シェーバーはブラウンやパナソニックなど各社が製造しています。

また美容機器メーカーのヤーマンも脱毛器具を出しています。

また改良は進みシェーバーでも自分で背中を剃ることができるものも出ています。
自分の毛質を考えて、場所によって処理法を2通りくらい用意しておくのがベストですね。



タグ

2014年2月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類 肌にやさしい脱毛

脱毛って金額の相場はどれくらいだろう?

一番高いのは勿論エステでプロにやってもらうフラッシュ式脱毛やレーザー脱毛です。

自宅でできる脱毛となると、例えばフラッシュ式の脱毛器具は50000円から90000円位まであります。

加えて、フラッシュ式の場合は照射後にお肌を整えるための冷却ジェルや、フラッシュカートリッジがの取替えなどの消耗品もあります。

レーザー式も価格の幅は大体フラッシュ式と同じくらいです。
ただ、レーザーの場合は処理後の特別なスキンケアは必要ありません。

また最近ではサーミコン式脱毛機械も購入できるようになりました。

これは特殊な熱線で毛を瞬時にカッとするというもので、剃ったときのようなお肌ダメージはなくお肌の上を一定の速度で滑らせるだけでムダ毛の処理が完了します。
この機械は30000円前後で購入可能です。

そして、ワックス・クリーム・泡と色々種類はありますが、1000円~3000円くらいで大体揃います。

脱毛剤の場合は値段よりも、お肌にあうかどうかが問題です。
安いと少し不安になりますが、高ければ絶対大丈夫と言うわけでもありません。

少し色々試してみるくらいの気持ちで買ってみて、まずは自分の肌に合うかどうかを見極めてください。

これらの脱毛剤は初期費用はかかりませんが、レーザー式・フラッシュ式機械よりも使用頻度が高く、頻繁に購入する必要があります。

そしてカミソリ・シェーバーですが、こちらは昨日によって金額が幅広く1000円代から6000円くらいまであります。

3枚刄、4枚刄、石けんがついているかどうか、など細かい違いがあるので良く確認してから買いましょう。

そして一番安く、買い替えもあまり頻度がないのが毛抜きです。

しかし毛を抜くと炎症が起こりやすく、毛が再生したときも太い毛が生えてきます。
そして何より時間もかかりますね。



タグ

2014年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:価格

敏感肌でも大丈夫な脱毛法って?

敏感肌の人はムダ毛のお手入れ気を遣いますよね。

カミソリだとカミソリ負けしたり、毛穴が炎症おこしてしまたり。
剃った後ヒリヒリしたり。

だからってクリームはお肌に合うのを見つけるまで安心できないし。
実際クリームは湿疹ができてしまう人がいたり、そうでなくても匂いが強いとそれだけで心配になります。

ワックスや泡、そしてクリームといった肌に直接発布するものは、最初は手の甲とか指、少ない量でできる体の部位で試してみるといいです。

その時の反応で脚や腕に使うか決めましょう。
ワックスはできれば避けた方がいいですね。

肌に直接塗る上に、勢いよく剥したりしますから敏感肌のひとは角質が余分に剥がれてしまうこともあります。

レーザー式やフラッシュ式は人によっては刺激を強く感じる人もいるようですが、脱毛頻度が少なくなるので敏感肌の人でも次の脱毛までにお肌が回復する時間が十分にあります。

そして基本的にお肌を刺激するものではなく、毛穴を攻撃するものなのでお肌への負担もすくないでしょう。

とはいえレーザー式だと毛根をピンポイントで攻撃してくれますが、フラッシュ式だと肌全体に照射されるので、照射後赤くなったりヒリヒリしたりする人もいます。

フラッシュ式を使用した後はかならずお肌のケアをしっかり行ってください。
電動シェーバーは刄が肌に直接当たらないのが良いですね。

敏感肌の人はできるだけお肌がストレスを感じないムダ毛処理をする必要があります。

なので広範囲で抜き取ったり、剥したりという処理法はできるだけ避けてください。
後は使用後のスキンケアを通常より念入りに行ってください。



タグ

2014年2月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:敏感肌

肌にやさしい脱毛は?

ムダ毛の処理は一度で終わるものはありません。

レーザー式、フラッシュ式の脱毛でも一度で毛がなくなり、さらに生えてこなくなるなんていうことはなく、やはり根気良く次の毛が生えてくる周期(約一ヶ月)で再度処理する必要があります。

カミソリやシェーバーで処理している人はお風呂に入る度に剃っている人もいるのではないでしょうか?

そしてワックスやクリームなどで脱毛・除毛しても勿論また生えてきます。
最近はクリーム、ジェルなどで抑毛効果があるものが多くなっているので、次に生えてくる毛は細く弱くなり手入れがしやすくなります。

でもやはり一定期間置くとまた毛は生えてきて、その度に何かしらの方法をとって処理しなければなりません。

何度も繰り返すことですから、やはりあまりお肌に負担をかけない方法が良いに決まっています。

色々な方のご意見で一致しているのが、カミソリ・シェーバーは角質を枌取るので良くない、ということです。

肌の表面の角質を無理に取ることにより、正常なお肌のターンオーバーができない状態になってしまいます。

そしてお肌のくすみ、黒ずみ、ゴワつきなどにつながってしまいます。
毛抜きでの処理はどうでしょう?

毛抜きで抜くのは埋没毛の原因となります。そして毛穴の炎症を起こしたり、色素沈着などが起こります。

泡・クリームですが、敏感肌の人は気をつけないと湿疹が現れたりすることもあります。

フラッシュ式またはレーザー式脱毛ですが、処理の後肌がヒリヒリすることもあります。

この2種類の脱毛方法ですが、比較的処理後のお肌がツルツルでダメージが少ないように思えます。

電動シェーバーは剃る、ということで他のカミソリやシェーバーと違いますが、刄が直接皮膚に当たらないためお肌へのダメージがすくないようです。



タグ

2014年2月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:肌にやさしい脱毛

レーザー式脱毛のあれこれ

黒い色に集中する特性をもったレーザーを使用して行うレーザー式脱毛。

エステサロンなどで施術は勿論ありますが、自宅でできるレーザー式脱毛も十分活躍してくれます。

色素の濃いもの、メラニン色素などに集中し、毛根や毛包部(毛乳頭ともいう)を破壊し、破壊された毛はそのまま抜け落ちます。

ただ一度破壊された毛乳頭も、一ヶ月ほど経過すると毛が再生して生えてきます。
生えてきた毛は以前より細く弱い毛になっているので、その後の処理もしやすいです。

ただ毛抜きで抜くのは禁物です。抜くことにより毛穴が広がり、また太い毛が生えてくることがあります。

処理する際にはカミソリかシェーバーで剃り落としてください。

そしてフラッシュ式だと処理後のスキンケアが必要ですが、レーザーの場合は肌全体に刺激を与えるわけではなく、ピンポイントで毛根に働きかけるので特別なスキンケアは必要ありません。

ただホクロ周辺の毛を処理するときは要注意です。ホクロをメラニン色素だと判断して焼いてしまう場合があります。

照射したい場所の近くにホクロがある場合はシールで隠したり、と何かしら隠すための工夫か必要となります。

照射を行うとピンポイントで毛根に働きかけるため、お肌への負担は最小限で抑えることができます。

全身脱毛の可能ではありますが、照射範囲が狭いためかなり時間がかかります。
どちらかというと部分脱毛向きです。

そして産毛の脱毛はできなません。
痛みは人によっては、かなり痛かったという人もいます。

照射レベルは10段階あるので、自分で調整しながら照射を続けていくことができます。



タグ

2014年2月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レーザー脱毛

フラッシュ式脱毛のまとめ

よくエステサロンで行われているフラッシュ式脱毛も、自宅で出きるよう色々器具がでています。

勿論エステサロンで使用する機械よりエネルギーが少ないので、時間はかかりますが根気よく続けることによってかなりの脱毛効果は期待できそうです。

機械自体も少々お値段ははりますが、一回脱毛すればその効果は少なくとも一ヶ月は続くので思い切って購入する人も少なくはありません。

フラッシュ式脱毛とはIPL(インテンスパルスライト)はプラズマと同じく光のエネルギーを利用して脱毛します。

フラッシュライトを瞬間的に照射して、表面の温度を上げずに毛根のみを光のエネルギーを集中させて、毛根を殺していくという方法です。

毛根がなくなった毛は1~2週間で抜け落ちます。
ただ、この一回の照射だけで毛根が死滅するわけではありません。

エステサロンでは、この作業を3~5回、同じ毛根に繰り返すことで毛根が死滅すると考えられているので、自宅でやった場合はもっと回数が必要です。

そして再生してきた毛は、以前の毛より細く、弱い毛として再生されます。
なので、再生されてきても処理は以前よりずっとしやすくなります。

レーザー式の脱毛と良く比較されますが、レーザー式よりも痛みは少ないといわれています。

そしてレーザー式は部分脱毛に、フラッシュ式は全身脱毛に向いているといわれています。

そしてレーザー式よりも照射範囲が広いので、レーザー式ほど時間がかかりません。
自分でやる場合は光を照射するときにまぶしいのでサングラスが必要です。
照射するとピリッと痛みを感じます。



タグ

2014年2月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:フラッシュ脱毛

泡々&クリーム系脱毛について

お肌にあまりダメージを与えず、綺麗に脱毛したのなら泡やクリームを塗る脱毛方法です。

この脱毛方だとまず痛みがないのがいいですね。
痛みがある、と分かっていると先延ばしにして中々やらなかったりします。

でもこの方法だと泡やクリームを塗るだけで、毛がボロボロっと解けて落ちてくれるのです。

ただ、水で洗い流せば毛がすべて流れてくれるのかというと、そういうわけではなく、若干布で拭き取るように毛を拭わないと取れない場合もあります。

でもゴシゴシ擦る必要もないので、カミソリやシェーバーのようにお肌に負担はかかりません。

ただし、泡やクリームがお肌に合うかどうか、ということはある様です。
お肌に合わない脱毛剤を使用して、湿疹ができてしまったり、かゆくなってしまったりすることもあるようです。

最初は腕の一部などで試して、お肌に問題がないか確認してから使用するのが良いでしょう。

敏感肌の人様に開発されている泡・クリームもあるのでそちらを使うのも良いでしょう。

そして除毛効果ともに、毛が生えてくる周期を遅らせる抑毛効果もあります。
また後から生えてきた毛も細くなっており、処理しやすいムダ毛になるようです。

ただ、口コミなどで良く見られるのは、所々太い毛が抜けずに残ってしまうということです。

後から剃ったり、ピンセットで抜いたりしなければならず手間暇かかるので泡・クリームでの脱毛を辞めてしまう人もいるようです。

すべての毛がスルリと全部抜けてくれる製品はあまりない様です。
最初はあちこち使ってみて自分にあった製品を探す必要があります。



タグ

2014年1月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:クリーム

痛いの?ワックス系脱毛

さてワックスを使っての脱毛です。

販売されているワックスは大抵ジェル杖のものか、もしくはシートにワックスが塗布されているものです。

脱毛ワックスは蜜蝋のように、常温では固形、温めると溶解するものを使用して作られます。

温めて柔らかくなったワックスTを処理したい部分に塗り、冷えて固まったところで一気に剥がすと、固まったワックスに毛が絡みついて取れるのです。

ワックスには布を当てて引き剥がすソフトワックスと、ワックス自体が個体化するハードワックスと2種類あります。

脚、腕、脇、ビキニラインなど、自分の手や視線が十分に届く範囲であれば使用できます。

頭髪、男性の髭、鼻毛はワックス脱毛に適さないと考えられている場合が多く、日本はエステティックサロンでは施術をしない場合が多いです。

そしてワックスでの脱毛は脱毛手段の中では一番難しいく、慣れるまでは失敗することもあるでしょう。

途中で切れてしまったり、埋没毛になってしまったりするので注意が必要です。
そして脱毛後のお肌のケアも必要です。

毛根から抜き取ることを考えて作られているので、吸着力は強く、剥がれる時に表皮まで一緒に剥がれてしまうことがあります。

ダメージが強いと炎症を起こしてしまい、赤くなってしまうこともあるので、お肌に合わないと思った人はワックス脱毛は辞めておいた方がよいでしょう。
そして、毛を無理やり引き剥がすので、勿論痛いです。

使用するのに少しテクニックが必要、痛いなどの難点はいくつかありますが、毛根から抜いてくれるので剃るより長持ちしてくれます。



タグ

2014年1月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ワックス

手軽なカミソリ・シェーバー系脱毛

カミソリやシェーバーを使ってまめにムダ毛を剃るお手入れは、お肌を痛めるので反対する意見も多いのですが、その手軽さから利用者は減りません。

手軽さもありますが、コストパフォーマンスの良さも際立っています。
ただやはりお肌のことを考えるなら、カミソリよりもシェーバーの方が良いです。

カミソリで脱毛するということは、剃る度にお肌の表面を削ぎ落としていることになります。

無理やり角質を削ぎ落とされた皮膚は、そのダメージで赤くなります。
これが何回も続くと段々お肌が黒ずんで来てしまいます。

そして毛先が皮膚の中に入り込んで、なかなか剃れない状態になってしまいます。
シェーバーですが、お肌に良い、とまでは言いかねますが、直接刄が皮膚に当たらない分だけダメージが少なくてすみます。

そしてお値段も手頃なので購入しやすく、使い始め安いのが特徴です。

カミソリ方のシェーバーは、お肌への負担を抑えて敏感肌でも使えるようにセーフティーワイヤがついているのが人気です。

またカミソリと電動トリマーが付いている優れものもあります。
カミソリで脱毛する場合は、石けん剃りができるものだとカミソリ負けしにくいです。

そして、女性向けアフターシェーブローションも結構数多くでています。
肌荒れ、カミソリ負け防止のためにお肌引き締め効果のあるローションを選ぶと良いですね。

安いカミソリでは1000円くらいからあり、3本入りなど複数本入っているの普通です。

電動シェーバーになると若干値段はあがりますが、それでも2000円代~4000代くらいで見つけることができ、全身もしくは背中専用など種類もかなり豊富です。



タグ

2014年1月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:カミソリ

このページの先頭へ